多治見市の倉知眼科

多治見市の硝子体手術は倉知眼科

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

HOME > 治療案内 > 硝子体手術を受けられる方へ

硝子体手術を受けられる方へ

硝子体とは

  • 硝子体とは

    眼球の内部をみたしている無数の線維状のゼリーを、硝子体(しょうしたい)といいます。
    子どもの頃は、密度の濃いゼリー状ですが、年齢が上がるとともにだんだん液状に変化して線維が収縮してきます。
    網膜(眼球の内側の膜で、カメラで例えるとフィルムの働きをする部位)の表面と硝子体は接しており、
    最近、網膜の病気の多くに硝子体の収縮・けん引や網膜血管の血流の障害が関係していることが
    わかってきています。

硝子体手術の目的

  • 硝子体手術の目的

    硝子体手術は硝子体を取り除く手術です。その目的は、次のようなものがあります。

  • 硝子体出血など、濁ってしまった硝子体を取り除く場合

    糖尿病網膜症、網膜裂孔、眼細動脈瘤、網膜静脈閉塞症、ぶどう膜炎など

  • 硝子体と網膜の間に増殖膜や新生血管などがあり、硝子体とともに増殖膜も取り除く場合

    糖尿病網膜症、黄斑上膜(網膜前膜)、増殖性硝子体網膜症など

  • 硝子体が網膜にくっついてひっぱり、剥離させている場合

    糖尿病網膜症、網膜剥離、硝子体黄斑牽引症候群、増殖性硝子体網膜症など

  • 硝子体や眼球の炎症を引き起こす因子を取り除いて、網膜の腫れをひかせる場合

    糖尿病黄斑浮腫、網膜静脈閉塞症、ぶどう膜炎など

  • 網膜の表面に膜(網膜前膜)や下に新生血管(脈絡膜新生血管)があり、それを取り除く場合
    黄斑(網膜の中心にある視力に関係している部位)に穴が開き(黄斑円孔)、
    硝子体や網膜表面の薄い膜をとって穴を閉じる場合

    網膜は神経のため傷んだ組織を傷んだなりに使っていかなくてはなりません。網膜・硝子体手術は、白内障手術のように取り除いて別のものに取替えが出来る手術とは違います。特に強く進行した白内障手術の場合は強い濁りの覆いを取り除いたらよく見えるようになる…という、いわば「手品のような感動」を与える手術です。

    硝子体手術はそれとは病気の質もレベルも違い、治療のためには精密で高い技術と時間・労力を必要とします。しかし同じように手術を行っても白内障手術のように必ずしも同じように期待した結果(視力)が得られるわけではありません。

    基本的には病気の悪化・進行、視力低下を抑えることが目的のため術後に全く病気が無い状態、つまり病気になる前の状態に戻ることは決してありません。むしろ今後悪化していくであろう網膜の機能を維持することが期待した結果といえます。
    しかし、疾患や個々の状態にもよりますが、網膜の機能が残っている場合はその状態に応じてある程度視力が改善しますがどの程度か予想することは困難です。

硝子体手術の方法

  • 硝子体手術の方法

    硝子体手術は、通常は局所麻酔で行います。眼球に3ヶ所小さい穴をあけ(※写真①)、眼球の内圧を一定に保ちながら、硝子体を器械で切除し吸引していきます(※写真②)。
    糖尿病網膜症や、網膜剥離のある場合は手術中に網膜レーザー光凝固や網膜冷凍凝固を行う場合もあります。
    また、網膜剥離のある場合は、眼球の外側からシリコンのバンドを巻く場合もあります。
    網膜剥離や黄斑下血腫、黄斑円孔の場合は、手術終了時に眼球内に気体(空気・ガス)やシリコンオイルをいれます。
    その場合、術後うつ向き姿勢(※写真③)をとっていただくことにより、網膜をしっかりくっつけることが出来ます。
    ガスや空気は、数日から2週間で消失しますが、シリコンオイルはもう一度手術を行い抜く必要があります。
    ガスやシリコンオイルが入っている間は、ぼやけて見づらいです。

  • 写真①  

  • 写真②

  • 写真③

硝子体手術の術中、術後の経過と注意点

  • アレルギー性結膜炎の治療

    術中、術後に穴があいたり、網膜剥離が起きることがあります。手術中にあった場合はガスなどを入れますが、術後にみられた場合は再手術が必要になります。
    また、硝子体手術後に白内障になることがあるので、ある程度の年齢の方、白内障が認められる場合は硝子体手術の時に同時に白内障手術を行います。
    すごく細かい手術を行いますので急に動いたり力を入れたりしないようにしてください。駆逐性出血といって、ひどい場合は大変な状態になる事もあります。
    硝子体手術後に網膜表面に膜が張り、それを取り除く手術が必要になることもあります。

    眼内に細菌などが感染して緊急手術が必要になる場合があります(0.05%)。最近の種類によっては重篤な視力低下や場合によっては失明に至る場合もあります。このため、術後は目を清潔に保ってください。直後や傷口が弱いので、必ずこすったり押さえたりしないよう、くれぐれもご注意ください。

    どのような疾患でも術後経過によって必要に応じて追加手術をすることがあります。手術ですのでそれ以外にも予期し得ないことが起こる可能性は否定できません。このような場合は必要に応じて指示通り速やかに追加処置や追加手術を受けてください。
    手術直後は、炎症や一時的に網膜自体の感度が落ちるので見えにくくなる場合が多くみられます。術後1~3ヶ月で徐々に回復し、最終視力は病気によりまちまちですが、おおむね効果測定には6ヶ月くらいは様子をみる必要があります。その都度状態に合わせて引き続き追加治療や追加手術をしていくものと考えてください。

  • 硝子体手術の術中、術後の経過と注意点


    硝子体手術をしたのに、術後御自身の納得のいく見え方ではない場合がありますが、白内障だけの手術と違い硝子体の手術は、主に現在の網膜をこれ以上悪くしない為の手術です。
    ですから視力が出てくるにも、白内障の手術より更に日数が必要になってきます。
    そして、結果的な視力も、病気と病気の状態によって個人差がある事を御理解頂ければ幸いです。
    非常に専門的な手術になる為、病気と治療について完全に御理解いただくことは難しいと思いますが、勧められたから手術を受けるのではなく、
    「網膜硝子体治療の本質」をご理解いただいてから手術に臨んでいただきたいと思います。

診療受付時間表

休診日:木曜午後 / 土曜午後 / 日・祝日
受付時間 午前 8:15~11:30   午後 3:00~6:00