多治見市の倉知眼科

診察・外来手術の機器紹介 多治見市の倉知眼科

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

HOME > 設備紹介 > 診察・外来手術の機器

診察・外来手術の機器紹介

スリットランプ(TOPCON DC-4)

  • スリットランプ(TOPCON DC-4)





    TOPCONの新しいデジタルカメラユニット。
    高画質に加え、Smart Capture機能や静止画AE機能等、
    多彩な機能を兼ね備えています。

  • Smart Capture

    コントロールレバーの撮影スイッチを押すと、撮影スイッチを押した瞬間の画像とその前後の画像を、
    あらかじめ設定した枚数分画面に表示します。
    その結果、画像の撮り逃しを極力軽減します。
    小児や、瞬目過多、眼瞼痙攣のある患者さんに有用です。

  • PCでかんたん操作

    標準附属ソフトであるEz Capture for DC-4 をご使用いただくことで、
    PC モニター上にライブ画像を表示することが可能となり、患者さんの病状の説明に有用です。
    ISO感度・シャッタースピード、ホワイトバランスなどのDC-4 カメラ自体の設定はPC 側で簡単に調整できます。

  • 静止画Auto Exposure(AE)

    シャッタースピードとゲインの調整で、画像の明るさを自動調整します。
    ライブ画像と撮影した画像が同じ明るさの状態で観察できます。

  • Amber Filter




    画像のコントラストと色味を調整することで、 眼底を見やすくします。

手術用顕微鏡(TOPCON OMS-90)

  • スリットランプ(TOPCON DC-4)

    コンパクトなベース&ワイドストロークで、狭い場所でも低いベッドでも
    設置可能。
    ベースを星型にし、安定感の向上を図ることにより
    ベースのコンパクト化を実現しました。

    新光学系の採用により、ムラのない照明でより立体感のある見えを実現。
    撥水性のある防汚対物レンズを採用し、
    メンテナンスの手間も大幅に低減できます。
    眼幅調整ノブにより片手で眼幅整が可能です。
    また、平行視接眼鏡を標準装備しました。

オフサルミックレーザー(ELLEX TANGO SLT/YAG Combination Laser)

  • オフサルミックレーザー(ELLEX TANGO SLT/YAG Combination Laser)

    白内障治療と緑内障治療に対応した、品質及び性能の高いシステムで、
    レーザー装置の心臓部には、耐久性と安定した出力を持つ新設計の
    レーザーヘッドを搭載し、正確で再現性のある治療を行うことが可能です。

  • 製品の特徴

    オフサルミックレーザーTangoは、2波長のレーザーをもち、2つのレーザーキャビティを1つのレーザーヘッドで発振させる独自の方法を採用しています。
    緑内障レーザー治療(SLT)と後発白内障ヤグレーザー切開において重視される、正確なフォーカスと低いエネルギー供給で、安定したレーザー治療と※光破壊も兼ね備えたモデルです。
    (※光破壊とは?・・・短パルスのレーザー光を集光することで発生するプラズマによる破壊作用を利用して主に後発性白内障の後嚢切開などの眼内手術を非観血的に行うことです。)

眼科用レーザ光凝固装置(TOPCON PASCAL Streamline)

  • 眼科用レーザ光凝固装置(TOPCON PASCAL Streamline)

    PASCAL Streamlineは、共同研究によりスタンフォード大学で開発され,独占使用権を得ているPASCAL独自の ”PrecisionSpotTM レーザ照射”技術を搭載しています。 高速ガルバノミラーテクノロジーをはじめ、パターンスキャンを行うための画期的かつ理想的な技術の採用により、患者さんの疼痛を軽減、また短時間に多数のスポット照射が行えるため治療時間の短縮が図れます。 さらに短い照射パルス幅でも安定したパワーで照射することにより均一な凝固斑を可能にしています。 PASCAL Streamlineはまさにパターンスキャンのために生まれたレーザ装置、それは術者、患者さん双方の負担を減らし、かつ安定した光凝固を実現した画期的な眼科レーザ装置です。

  • Pascal Method

    PASCALはショートパルスと高出力により、
    網膜内層や脈絡膜への影響を大幅に軽減し、
    患者さんの疼痛を軽減します。
    さらに、従来のレーザと同等の治療効果を
    得ることを可能にしています。

  • 高速ガルバノミラーテクノロジー

    レーザの特性上避けられない、出力の瞬間に生じるエネルギーのムラを高速ガルバノミラーテクノロジーが解決しました。
    レーザは出力したままの状態で、ミラーの角度を制御し次の照射スポットへ瞬時に誘導することにより、エネルギーのムラがないパターン光凝固が行えます。

  • マルチファイバーレーザスポットシステム

    PASCALのレーザはレンズ収差で生じるエネルギーのムラを避けるため、スポットサイズごとに専用のファイバーを搭載しました。
    これにより、均一な凝固面を可能にしています。

  • 豊富なスキャンパターン

    治療に最適なパターンを選択できるよう、PASCALは豊富なパターンをご用意しています。
    さらに、従来機にはなかった新しいパターンを追加したことでより効率的な治療を可能にしています

診療受付時間表

休診日:木曜午後 / 土曜午後 / 日・祝日
受付時間 午前 8:15~11:30   午後 3:00~6:00