多治見市の倉知眼科

結膜炎・アレルギー 多治見市の結膜炎治療なら倉知眼科

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

HOME > 眼の病気について > 結膜炎

結膜炎

結膜

  • 結膜

    結膜は、上下のまぶたの裏側と、白目の表面をおおっている半透明の膜です。
    ここに炎症が起こって充血やかゆみ、涙や目やにが出てくるといった症状を
    起こすのが「結膜炎」です。
    結膜炎の原因としては、ウイルスの感染である「ウイルス性結膜炎」、
    細菌による感染である「細菌性結膜炎」。
    外から入ってくる異物に対して、体が過剰に反応する(アレルギー)
    によって起こる「アレルギー性結膜炎」があります。

細菌性結膜炎

  • 細菌性結膜炎

    原因菌はインフルエンザ菌や肺炎球菌、黄色ブドウ球菌などです。
    黄色ブドウ球菌は、健康な人ののどや鼻、皮膚、手指、毛髪、腸管などにも分布しています。
    感染力が弱いため、感染の危険は大きくありませんが、目にケガをしたとき、病気などで身体の抵抗力が落ちたとき
    子どもの場合は、感染しやすくなります。

ウイルス性結膜炎

  • ウイルス性結膜炎

    ウイルス性結膜炎には、いくつかのタイプがありますがここでは代表的な4つのタイプについて説明します。

  • 流行性角結膜炎

    昔から「はやり目」と呼ばれる、アデノウイルスが原因の結膜炎です。
    白目が充血し、目やにが出て、目が痛くなることもありますが、かゆみはほとんどありません。
    感染してから約1週間で発症し、それから1週間くらいがピークで、あとは次第に良くなります。

  • 咽頭結膜熱

    「プール熱」と呼ばれ、アデノウイルスの感染によって起こりますが、流行性角結膜炎とはウイルスのタイプが違います。
    突然39度くらいの高熱が出て、のどがはれ、目が充血したり、目やにが出るなど、結膜炎の症状が出ます。
    悪化すると肺炎になることもあるので、注意が必要です。
    感染してからの経過は、流行性角結膜炎とほぼ同じです。

  • ヘルペス性結膜炎

    ウイルス結膜炎の一種なのですが、あまり他人にうつることはありません。
    ヘルペスウイルスが原因で、症状としては白目が充血したり、目やにが多く出たりするのに加え、
    目の周囲の皮膚面に、赤く小さな水胞が出ることもよくあります。
    角膜ヘルペスを合併することもあります。
    このウイルスは、一度、治ったと安心しても、体の中にウイルスが残っていることがあり、
    体力が落ちた時に、また、ヘルペス性結膜炎になる可能性が高い病気です。

  • 急性出血性結膜炎

    症状は急性で、エンテロウイルスやコクサッキーウイルスの感染によって起こります。
    目が痛くなったり、目やにが多くなり、白目に出血がみられることもあります。
    ひどくなると角膜(黒目の部分)に小さな傷ができることがあります。
    感染した翌日くらいから発症し、1週間くらいでよくなってきます。

  • 注意:ウイルス性の結膜炎と診断されたら

      ウイルス性結膜炎は一般に伝染力が強くうつりやすいので、以下のことに注意してください。

      ■手を流水や石けんでよく洗ってください。
      ■タオルや洗面用具は他の人と別にしてください。
      ■人の使用している目薬を使ったり、手で目をこすったりしないでください。
      ■学校、幼稚園、保育園は医師の許可があるまで休む必要があります。

細菌性・ウイルス性結膜炎の治療方法

  • 細菌性結膜炎の治療

    抗菌点眼薬による治療が基本となります。
    細菌の種類によっては、抗菌眼軟膏や抗菌内服薬も必要となります。
    治療が適切な場合は、約1~2週間で完治します。

  • ウイルス性結膜炎の治療

    アデノウイルスに対する有効な薬剤はありませんが、不快な症状を和らげる目的で、
    炎症を鎮める効果のある非ステロイド性抗炎症点眼薬やステロイド点眼薬が使用されます。
    また、抵抗力が落ちている結膜に細菌が感染しないように、予防的に抗菌点眼薬が使用される場合もあります。
    症状は、ウイルスに対する体の抵抗力がついてくるにつれてしだいに治まり、約3週間~1ヵ月ほどで完治します。
    ヘルペス性結膜炎では、ヘルペスウイルスに対して効果がある軟膏を目にぬります。
    また抗ウイルス薬を飲んだりすることもあります。

アレルギー性結膜炎

  • アレルギー性結膜炎

    アレルギー性結膜炎とは、目の表面に花粉などのアレルゲン(アレルギー反応を引き起こす物質)が付着して、結膜に炎症を起こす病気です。
    アレルギー性結膜炎には、アレルギーの原因に応じて種類があります。
    ここでは代表的な4種類について説明します。

  • 花粉症

    花粉症というと、くしゃみや鼻水などが代表的な症状と考えられていますが、
    目のかゆみ・充血・異物感・目やになどの症状を起こす結膜炎も多くみられます。
    毎年、決まった季節に症状が出ます。

  • 通年性アレルギー性結膜炎

    人やペットなどのフケ、カビ、ダニ、ハウスダスト(室内のチリ)に対するアレルギーで起こります。
    症状は花粉症と同じですが、室内のチリなどが原因なので季節に関係なく、1年を通して慢性的に症状が出ます。

  • 春季カタル

    10歳くらいまでの男の子に多くみられる慢性のアレルギー性結膜炎で、重症化することが多く、
    強い目のかゆみをともないます。
    原因はハウスダストなどとされています。
    異物が目に入ったような感じが強く、光をまぶしく感じます。
    ひどくなると黒目に白い濁りができ、その濁りがはがれ落ちることもあります。
    これを「角膜潰瘍(かくまくかいよう)」といいます。
    10歳を過ぎると自然に治ることが多かったのですが、アトピー性皮膚炎を合併していると、
    20歳代でも起こることもあります。

  • 巨大乳頭結膜炎

    おもにレンズの汚れが原因で、上まぶたの裏側(結膜)にブツブツができるアレルギー性の眼障害です。
    かゆみや目ヤニが増え、レンズが上の方にずれやすくなります。
    ソフトコンタクトレンズやガス透過性ハードコンタクトレンズを使用している人に多くみられます。

  • アレルギー性結膜炎の原因

    私たちの身体には、体内に入ってくる異物を排除しようとするはたらきがあり、このはたらきのことを免疫といいます。
    本来、花粉などは異物と感じないしくみになっているのですが、アレルギー体質だと異物と認識して、免疫反応がはたらいてしまいます。
    この過剰な反応のことを、アレルギー反応といいます。
    アレルギー反応が起こると、肥満細胞という細胞から、ヒスタミンなどの物質が大量に放出されます。
    これらの物質は、目の知覚神経や毛細血管などを刺激して、強いかゆみや充血などの炎症を引き起こします。
    主なアレルゲンには次のようなものがあります。

    ■スギ花粉(時期:1~5月)
    ■ヒノキ花粉(時期:3~5月)
    ■カモガヤ花粉(時期:5~7月)
    ■ブタクサ花粉(時期:8~10月)
    ■ハウスダスト(チリ、ホコリ、ダニ、カビなど)
    ■動物の毛
    ■コンタクトレンズの汚れ

細菌性・ウイルス性結膜炎の治療方法

  • アレルギー性結膜炎の治療

    治療は、主に抗アレルギー作用をもつ目薬で行います。毎シーズン花粉症で目に症状が出る人は、
    いつも症状が出る時期より前のタイミングで眼科を受診してください。
    最近では、花粉が飛散する2週間くらい前から薬物療法を始める「初期療法」という治療法が推奨されています。
    この「初期治療」をすると、症状が現れるのを予防したり、症状を軽くしたりできるので、
    高い効果が期待できるのです。
    アレルギー性結膜炎では、症状が強くなってくると、ステロイドを含む目薬を使うことがあります。
    この薬はとても効果があるのですが、副作用を起こすこともありますので、
    眼科医の指導の下に治療する必要があります。
    また目薬以外に抗アレルギー薬を内服で使うこともあります。 春季カタルが重症化した場合は、ステロイド薬を内服したり、結膜にステロイドの注射をすることもあります。
    これらの対症療法のほか、長い時間をかけてアレルギーそのものを治療する「減感作療法」という治療法も
    あります。

診療受付時間表

休診日:木曜午後 / 土曜午後 / 日・祝日
受付時間 午前 8:15~11:30   午後 3:00~6:00